個人型確定拠出年金のメリットとして節税効果が挙げられています。所得を受ける時に税金がかかりますが、この制度をうまく活用すると通常よりも税金の支払いを減らせるかもしれません。なぜ節税になるかを知っておきましょう。

拠出時の節税効果

所得控除を受けるために手続きは必要か

自営業者は、所得税に関する手続きをすべて自分で行う必要があります。1月1日から12月31日までの所得に関する書類を用意しておき、それを元に申告書を作成して期限内に提出します。では個人型確定拠出年金…

節税効果がない人にはどんな人がいるか

日本に住んでいる人で一定の条件を満たすと、所得税の申告や納税が必要になります。サラリーマンなどは年末調整などで終えているので申告や納税の意識がない人もいますが、きちんとそれらは行われています。所得…

自営業者とサラリーマンの節税効果の差

自営業者が所得税を計算するとき、まず事業所得などを計算して、その後に所得控除を引きます。残った額に税率をかけて最終的に税額控除を引いてその年の税金を算出します。税金を減らすためにはいかに事業所得を…

個人型確定拠出年金って何?

個人型確定拠出年金とは、月額5,000円以上1,000円単位の掛け金を積み立て、さらに自分で選んだ商品を運用して、60歳以降に年金または一時金として受け取ることができるしくみです。

受給時の節税効果

年金受給時に確定申告は必要か

お給料を会社から受け取っている方は年末調整を行って収入の申告をしていますが、そもそも受給した公的年金の取り扱いはどのようになっているのでしょうか。公的年金は雑所得となり課税の対象となります。一定金…

年金と一時金とで税金に差があるか

働き方として、自分で事業を行う自営業と、会社等で働く会社員等があります。自営業だと自由に仕事ができて、働いた分の儲けを自分の資産にできます。しかし厚生年金などの年金の上乗せはなく、退職金制度もない…

他の退職金や年金があるときの手続き方法

個人型確定拠出年金を受給する際は、国民年金や退職金などを考慮して手続きすると節税に繋がります。この確定拠出年金は一時金と年金の2種類の受け取り方法があるので、まずは前者からお伝えします。このタイプ…