年金と一時金とで税金に差があるか

自営業者はどちらでも税金がかからない可能性

働き方として、自分で事業を行う自営業と、会社等で働く会社員等があります。自営業だと自由に仕事ができて、働いた分の儲けを自分の資産にできます。しかし厚生年金などの年金の上乗せはなく、退職金制度もないのでそれを考慮して資産構築する必要があるでしょう。たくさんも請けたからと言って、散在せずに計画的に貯蓄などしておきましょう。この時に貯蓄手段として個人型確定拠出年金を利用すると、節税をしながら老後資金が用意できるのでお得と言えるでしょう。自営業者は年金は国民年金しかないのであまり公的年金は多くありません。そのため個人型確定拠出年金を受けても税金がゼロになる可能性が高いです。一時金での受給は退職所得として計算しますが、こちらも税金がゼロになる可能性が高いです。

サラリーマンは受給の方法に注意が必要

サラリーマンでも個人型確定拠出年金が利用できるようになり、節税効果を期待して利用しようとする人がいるかもしれません。節税効果には拠出時、運用時、受給時があり、それぞれどれくらい効果があるのかを意識して利用する方が良いでしょう。と言うのも、サラリーマンは年金の受け取り方によって課税されたり課税されなかったりする可能性があるためです。公的年金には国民年金と厚生年金があるので、年金額が多くなると課税されます。一時金は退職所得として計算されますが、会社から受ける退職金によっては課税されるときがあります。受け方などを少しずらしたり変えたりすれば課税されない可能性もあるので、ベストの受け取り方を調べておくと良いでしょう。