所得控除を受けるために手続きは必要か

自営業者は確定申告で手続きを行う

自営業者は、所得税に関する手続きをすべて自分で行う必要があります。1月1日から12月31日までの所得に関する書類を用意しておき、それを元に申告書を作成して期限内に提出します。では個人型確定拠出年金制度を利用して拠出している人はどうすればよいかですが、確定申告の時に他の手続きと同様に行います。秋ごろに国民年金基金連合会から小規模企業共済等掛金払込証明書が届きます。年末まで支払ったと仮定した金額が書かれているので、拠出額の変更や停止をしていなければその金額を所得控除の所定の欄に記入します。確定申告書Bで作成するとき、第一表と第二表に記入する欄があります。第二表には個人型確定拠出年金分である旨の記入が必要になります。

サラリーマンは年末調整で手続き

個人型確定拠出年金を利用できる人の範囲が広がり、サラリーマンでも自分で拠出をしている人がいるかもしれません。利用のメリットして拠出時の節税があるので、その効果が受けられるように手続きをしなければいけません。サラリーマンは通常は年末調整で所得税の申告と納税を完了できます。個人型確定拠出年金に拠出をしているときはどうかですが、年末調整で行えます。自分で金融機関に支払っている人は、国民年金基金連合会から送られてくる小規模企業共済等掛金払込証明書の金額を所得控除の欄に記入し、その書類を添付して会社に提出します。拠出金を給料から天引きしてもらっているときは証明書は発行されません。何もしなくても会社の方で手続きをしてもらえます。